2012年07月18日

フォトコンさん掲載

みなさんこんばんは。

ここ数日続く猛暑に、みなさんはどのように過ごされておりますか。私は、水筒を持参して外出しております。

 さて、先日ブログにも綴りましたが、今月20日発売される、8月号のフォトコンさんの口絵に「西表島」というタイトルで写真を掲載させて頂きました。風景写真を撮影する方々の多くは東北や北海道、東海などを中心に撮影されるケースが多いですが、私は「西表島」という沖縄本島より、台湾の方が近い島を撮影地としました。日本としては稀な亜熱帯気候になり、数多くの動植物が生息するその力強さに惹かれました。これから3年程の時間をかけて写真展用の写真を撮りためていこうと思います。今回は試金石として西表島を取材した結果になります。是非、御高覧頂ければと思います。

 フォトコンさんの8月号詳細はこちらから
posted by kisho at 23:57| Comment(2) | 日記

2012年07月10日

誕生日

みなさんこんばんは。

実をいうと昨日は私の誕生日でした。ただ、誕生日の前々日には妻が足を捻挫したこともあり、ハラハラドキドキの誕生日でした。でも嬉しかったです。

 思えば、25歳の時にキヤノンさんからカレンダーのオファーをお受けして、27歳の時にカレンダーと写真集を上梓することが出来ました。本当に恵まれていると思います。
 さて、写真展が終わった今、少し写真と向き合う時間が増えた気がします。具体的には、他の作家さんの写真展に伺ったり、写真集を購入したり、時には講演会にお邪魔したりすることもあります。そこで気がついたこととしては、写真はイメージの芸術ですが、作家の内部にある人間性も大変重要ということです。
 まぁ、言葉としては簡単ですが、イメージに反映することが非常に難しいです。
 好きで撮影してきた写真ですが、写真集にしたときに感じる纏まった感を一作目以上に出すためにはどうしたらよいのかと日々、自問自答しています。いい写真は、インパクトの強さが大事だと思いますが、いい写真集はインパクトだけではないような気がします。風景写真でしかもカラーという分野で見る限り、夕日や朝日の写真のみで100枚を組むよりかは、日常的な光をいれて構成することが大事だとここ数日で辿り着いた答えです。
 まだまだ悩んでいますが、ここを乗り越えてなんとか次の写真集を出したいと決意を新たにした一日でした。
 
 ちなみに、今日は自分へのご褒美としてジャパンゴールドを購入しました。頑張れ日本!!
posted by kisho at 00:35| Comment(1) | 日記