2014年08月31日

私にとっての西表島

長期にわたり、撮影をおこなっていた、西表島の写真集を先日発表することができました。
写真集の詳細は下記になります。
http://www.amazon.co.jp/Various-Colors-IRIOMOTE-ISLAND-%E8%A5%BF%E8%A1%A8%E5%B3%B6/dp/4865620001/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1409490424&sr=1-1&keywords=%E8%A5%BF%E8%A1%A8%E5%B3%B6

まず、思う事は「ほっとした」という気持ちです。約3年間もの間、西表島のことだけ考えていました。これはもはや遠距離恋愛でしょう!
食事の時もそうですが、あらゆる時間を西表島のことで費やしました。聞こえはいいかもしれませんが、写真集にする為の資料も少なく、陸上の風景写真は未開拓なロケーションも多いため、最初の一年間はほぼなにも撮影できない状態でした。当時は焦り、訪島の度、気持ちだけが前に進む状態で、あまり精神的には健全ではなかったと思います。
結果的には、3年目にようやく風景と会話ができ、写真集上梓までこぎつけることができました。

一冊目の写真集「水彩紀」は約1年の撮影期間で仕上げました。これはキヤノンカレンダーの撮りおろし期間が1年だった為、全国行脚を1年で行うというもので、この撮影をとおして、訪れた撮影地では必ず一枚以上、良い作品を仕上げるという意識を持つ事ができました。ただし、全国を対象としているため、業界にいらっしゃる先輩方の資料(写真集がメイン)が比較的豊富なため、精神的なストレスは軽度だったと思います。

2作目の写真集「西表島」は資料が極端に少ないため、被写体と真摯に向き合う精神力を養う事ができました。これは、非常に重要で、既存概念に縛られないロケーションを発見する地力がついたと思います。風景写真で重要な要素としてあげられるものに、ロケーションに対する知識があげられますが、これ以上に重要な要素として挙げられるものに、被写体を見抜く力だと思います。今回の写真集によって、その地力が多少ですが伸びた様に感じます。

次のテーマはまだ決めていませんが、2018年までを目処に写真展を開催したいと考えています。いまから4年後・・・皆さん、忘れないでください(笑)
一歩一歩、風景写真界を前進していく姿は、カメのようにゆっくりですが、確実に進んでいる今を楽しんでいる早見紀章です。

ちなみに、「西表島」の写真展は現在も地方にて開催しております。
お近くを訪れる際には、是非訪ねてください。
posted by kisho at 22:28| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
西表島への思いがひしひしと伝わってくる文章で感動しました。我々アマチュアには想像を絶する世界で写真に対する向き合い方素晴らしいすね。特に被写体と真摯に向き合う気持ちの大切さやロケーションに対する知識を磨くことの大切さは 何でもバシャバシャ撮っている私には目からうろこです。4年後の写真展楽しみです。もちろん忘れませんよ(笑)
Posted by 二天一流 at 2014年09月11日 16:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: