2013年07月30日

綺麗な花、不思議な花、サガリバナ

みなさんおはようございます。

既に盛夏の季節となりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は7月初旬から西表島の取材があり、つい先日は富士山山麓の取材を行いました。

今回は西表島にて撮影することができたサガリバナにて報告致します。
サガリバナは、サガリバナ科の常緑高木。東南アジア一帯の熱帯・亜熱帯に分布し、日本では南西諸島(奄美大島以南)に自生する。マングローブの後背地や川沿いの湿地に生育し、花が美しいので栽培もされます。もちろん、日本では西表島が群生地として有名です。早朝、マングローブに囲まれた川をカヌーに乗り込み上流に向かうと、夜明けとともに花が川に落ちだします。しかも川一面!これは一見の価値ありです。下の写真はカヌーから撮影していた様子になります。
5T8C0012.JPG

甘い香りがあたり一面漂い、夢の中にいるような気分でした。既に開花の全盛は過ぎておりますが、7月上旬から楽しめます。気になる方は是非、来年西表島に上陸してみて下さい。きっと甘い香りが島をつつんでいることでしょう!

posted by kisho at 07:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: